家庭菜園をする動機は人それぞれ。
新型コロナウイルスの影響で、いつなんどき今の暮らしが失われるかわかりません。
「はい、おじさん今日でクビね」と上司に言われてもたくましく生きていく所存です。
そのためには生きる術を身につけなければ・・・

そこで思いついたのが家庭菜園。食料の確保です。人間、衣食住というくらいですもんね。どれも大切ですが、やはり食べるものがないと生きていけませんので、おじさんは食に目を付けました。

よしっ。自分で食料を確保するぞ!!
ってな動機で家庭菜園です。しかし、家庭菜園といえど、おじさんにとっては投資です。それ相応に見合ったものを回収せねばなりません。効率よく回収するには、効率よく育て効率の良い植物を増やさないといけません。

ですので

・なるべくコストをかけない
・耕作面積は限られているのが、工夫し最大限面積を広げる
・繁殖力旺盛な植物の選定
・育てやすくて収穫が高頻度で可能なもの
・できれば栄養価が高い植物

こういったことをフルに考えています。