〜株STYLE〜 byおじさんらぢお

〜株STYLE〜は筆者おじさんらぢおが、YouTubeで配信しているネットラジオです。「株は安全なギャンブル」メディアで注目されにくい【ジャスダック】【マザーズ】【東証2部】の話を中心に日々の徒然なることを適当に語ります。【仮想通貨】【ふるさと納税】【大相撲】の話も注目です♪ IMG_6372

↑オリジナルキャラクター「隣の栗林君」 LINEクリエイターズマーケットにて絶賛発売中!!

Category: 【株】

IMG_6459
おじさんの一押し秘蔵っ子、「あかつき本社」の御紹介です。
昨日の記事の通り、クックパッドの売却資金であかつき本社株の買い増しをしております。

こことは、約2年ほどの付き合いになります。
当時は株価300円台でした。
何が良いって、会社名に「本社」って入っているところ・・・独特ですよね?
うん独特だ。
まずそこが気になった。

そして、ここ1年ぐらいは好業績にもかかわらずそれが株価に反映されておらず、ずっとPER7倍程度で放置されていました。

しかもしかも、ここは超高配当なんです。
1株20円の配当で、当時は利回り4.5%もありました。
今は株価が500円台に乗りましたが、それでもまだ配当率3.9%を誇っています。
ちなみに、配当率の目安ですが、3.0%を超えていれば一般的には高配当な企業だと思ってください。

さらにさらにさらに、ここは株主優待もあります。
100株保有でクオカード500円貰えます(2018年3月末を最後に廃止が決定)

こんな稀に見る超優良銘柄に、おじさんの心は奪われました。

そして、上記の通り13日発表の超絶良好な決算。
今後も大いに期待できる、好きな会社です。

ちなみに、あかつき本社が何の会社かというと・・・
あかつき証券を中心とする企業グループです。
不動産と証券の2本柱。
子会社のトータルエステートは、マンションのリノベーションや分譲で好業績のようです。

まだまだ低PERです。
おじさん的には、近い将来 株価1000円超えもありえると思って保有しています。
ほれほれ、他の会社も本社つけてみれ。

楽天本社
ソフトバンク本社
クックパッド本社
Honda本社

・・・うーん、いまいち。
やっぱり「あかつき本社」ですね☆

IMG_6460
クックパッド。本日、予想に反して大きく株価が急落(笑)
大陰線。
いや、もう笑けるくらい急降下。
なんやねん-78て。
うんこやんけ。うんこ会社やんけ。うんこ料理のレシピ投稿したろか。
金曜日の+60吹っ飛んだがな。
チャート無視の豪快な下降です。
今日の急落の背景には、どこぞの証券会社が「目標株価500円」と設定したのが影響しているみたいです。

金曜日が大陽線だったのでかなり今日の株価には期待したのですが・・・見事に嵌め込まれたね。


でもですね。
実は、おじさんは金曜の時点でクックパッドの500株ホルダーでしたが、引け直前の+58円ぐらいの所で400株を売却しています。
何しろ久しぶりでしたから、クックパッドの株価大幅上昇は。
思わず利確してもた。

だから、今日の下落で大きな痛手は被っていません。トータルで利益出てます、ほんとたまたま。
残り100株も、本日700付近で売却予定でしたが、この通りのあり様ですのでしばらくホールドです。

一方、クックパッド400株を売却した資金で、本日の後場で「あかつき本社」という会社の株を購入いたしました。クックパッド(585円)とあかつき本社(511円)は、株価が近い値段なので、乗り換えた感じですね。

あかつき本社は、元々500株保有していますので、今回300株ほど追加してみました。
決算やいかに!?
吉と出るか凶と出るか。
続きは後ほど☆

IMG_6457
このチャートは、料理レシピ専門サイトの最大手、クックパッドの金曜日のものです。
クックパッドは知っていますよね?

店頭端末での料理動画配信開始。個人ユーザー向けには投稿動画撮影用のキッチンスタジオ開設と攻勢を強めています。

おじさんは昨年より、クックパッドのステークホルダーです。
数年前まで、株価は2500円程度あったのですが、競合他社の伸びや社内の不穏な人事のもめごとなどで株価は下降の一途を辿っていました。
しかし、いまだ財務体質健全でほぼ無借金、営業CFも良好なので、これはさすがに600円付近が底値かなと判断し昨年参戦いたしました。

先週金曜日は、日経平均-500円の大暴落相場でしたが、クックパッドに関しては逆行高の+60円を演じる大健闘ぶり。決算が良好だったのを受けて市場が反応したものと思われます。

しかも、見て下さい。
取引終了間際のこの大陽線。
超火柱!!
これは、いよいよ株価反転のサインかと思い注目しております。

ただ、今週もしばらく相場自体は不安定で荒れそうなので、大きくポジションを取るのは慎重になったほうが良さそうです。

なお、クックパッドは株主優待もあります。
100株以上保有で、自社サイトプレミアムサービス利用料6カ月間無料クーポン1枚が貰えます。

いよいよ今週、決算発表ラッシュですね。
おじさん大量保有のシノケン、あかつき本社、燦キャピタル
そしてそして、ライザップグループ全社に期待大です。

ETFとは、上場投資信託のことです。

投資信託は嫌いですが、マザーズ銘柄が好きなので、今度この商品「東証マザーズETF(2516)」を買ってみようと思います。
株のことを商品とか言うてしまうと、もう末期ですね。

ただ、マザーズと連動ですからねえ、ちゃんと指数として連動&機能するのか、やや不安な面もあります。
日経平均指数とかのほうが無難ではありますが・・・。
IMG_6421
おじさん的にここで特筆したいことは一点。
マザーズ全銘柄数百の中で、上位10銘柄に
「サンバイオ」と
「アンジェス」が入っているんです。
なんか自分の保有している銘柄が注目されてていたらうれしいですね。

ファンドの特色の説明を一応載せておきます(以下、東証マネ部からの引用)。

東証マザーズETFは東証マザーズ指数への連動を目指す日本初のETFです。
東証マザーズETFに投資をすれば、マザーズ市場の約250銘柄全てに投資するのと同じ効果を得ることができます。
マザーズ市場は、東証一部へのステップアップを目指す成長企業が上場する新興市場です。スタートトゥデイ(証券コード:3092)やエムスリー(証券コード:2413)といった一兆円企業もマザーズからスタートしています。
最近では、ITやテクノロジーの進化から新規上場企業が増加しており、マザーズは産業の変化の兆しを捉えることのできる市場となっています。

以下は、マザーズ市場から東証一部への主なステップアップ銘柄です。現在のマザーズ市場にも、このような将来の大型株が含まれている可能性があります。

<時点>2017年12月末のデータ
<出所>東京証券取引所

新規上場は、08年以降減少しましたが、2012年から再度活性化しています。その結果、マザーズに上場している企業数も増加傾向にあります。

<注>期間:2005年より2017年まで、左軸は上場企業数を、右軸は新規上場企業数を表しています。
<出所>東京証券取引所

なお、東証マザーズETFは貸借銘柄に選定される予定です。信用取引による買い建ても、売り建てもできます。
すなわち、東証マザーズETFにレバレッジをかけた取引や、ショートすることも可能です。

連動指標のパフォーマンス

東証マザーズ指数は、マザーズ市場に上場している全銘柄で構成されます。
各銘柄の構成比率は時価総額加重、すなわち時価総額が大きいほど比率が高くなります。

<注>日経平均株価は2003年9月12日を1000とし指数化
<出所>東京証券取引所

東証マザーズ指数は、03年9月に算出が開始されました。04年9月に一旦ピークを付け下落、06年1月に再度ピークを達します。

そこから、ライブドアショックにより新興株への信頼が失われたことにより、指数値は大きく下落しました。リーマンショック後の08年後半には、ピークの1/10まで下落しました。

東証マザーズ指数が再度力強く上昇するのは、アベノミクスによる12年末以降です。指数は上げ下げを繰り返しながらも、上昇トレンドで推移してきました。

指数値は5年ほど上昇傾向にありますが、ピークの06年には遠く及ばない水準です。

連動指標の主要構成銘柄

東証マザーズ指数は、マザーズ市場の全銘柄で構成されます。ここでは上位10銘柄を見てみましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

<時点>*1時価総額と構成比率は2017年12月末時点、*2構成比率は浮動株調整が行われるため時価総額の構成比と乖離があります。
<出所>東京証券取引所

上記のように、SNS、ゲーム、テクノロジー、バイオ、AIといった銘柄が中心になっています。
製造業や金融など伝統的な企業が多くを占める日経平均やTOPIXとは大きく異なります。

まず名前がかっこいいですよね、ゼネラル・オイスターって。
でも、日本語にすると「普通の牡蠣屋さん」ですけど。

そして、疑義の記載がある経営逼迫企業ですが、株価が驚異の1566円です。
現在の疑義注記の企業で最強かも!?
しかも、本日ストップ高。明日も株価カチアゲ必至。
IMG_6420
つい最近まで、四半期報告書も提出できず監理銘柄指定の本当に崖っぷち企業でした(現在は指定解除)。
ですが、ここ数ヶ月で劇的改善。経営再建のため投資ファンドと資本提携し、約8億円の資金のを調達したのがかなり大きいです。
順調にいけば、疑義解消も現実味を帯びてきました。
そして昨日、カキの陸上養殖方法に関し特許を取得したと発表し材料視されました。


同社は、海洋深層水を用いた世界初となるウイルスフリー牡蠣の陸上養殖の実用化に向けて研究を進めているが、海洋深層水は人体に有害なウィルスが含まれておらず、種苗から成貝にいたるまでを一貫して海洋深層水で満たした陸上の水槽で育てることにより、ウイルスフリーの牡蠣を実現することが可能になるとしている。 

 [株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS]  
                      提供:モーニングスター社  (2018-02-01 13:46)


ウイルスフリーって、もし実現したら牡蠣で食中毒になる人がもういなくなるかもしれないんですよね?
超絶すごくない?
牡蠣が好きでも、食当たりになりたくないから敬遠している人も結構いますよね?
でも、この技術が確立されれば、牡蠣バクバク食べても全然平気なんですよね?
すごいな海洋深層水。
こりゃあ、ストップ高の価値あるわ、ゼネラル・オイスター。
めっちゃおもしろい会社やん、ゼネラル・オイスター。

しかも、株主優待もあるので、疑義注記が解消されれば長期保有もアリですね。
優待の一例→1,000株以上を3年以上継続保有の場合、3月株主には15,000円相当の岩牡蠣、9月株主には15,000円相当の真牡蠣を追加

いやぁ、すごいなぁ、ゼネラル・オイスター。
牡蠣だけに・・・ゼネラル・オイスターの株を保有している人が「当たり」ですね。
牡蠣に当たらず、株で当たりましょう。
まぁ株をやっていたら、こんな感じで謎の知識がどんどん増えていくんですねぇ〜。
ゼネラルですねぇ〜。
オイスターですねぇ〜。

もう、認めます。
おじさん、ここの株は全然持ってないし、牡蠣で当たったこともないけれど、ただただ「ゼネラル・オイスター」が言いたいだけの記事です。はい。

めっちゃかっこいいしやるなぁ〜、ゼネラル・オイスター。

大阪の店舗だと、
ですって。ここで牡蠣を食べて売り上げに貢献しましょうよ。
店舗もいっぱいあるし、一緒に食べに行く人募集中☆
ゼネラル・オイスターおじさんでした。

IMG_6397

この報道が材料視され、本日午後からストップ高の769円カイ気配のまま終了。
ってか、変な時間にIR出すなよ(笑)
午前11:30って。

でも、やっと申請しました。
株価では、ラクオリア創薬やサンバイオに遅れをとること数ヶ月、ようやくアンジェスにも良いニュースが出ました。
後は申請からの承認の思惑で、どこまで株価が反応するかが楽しみです。

今が769円だから、サンバイオの本日の株価4110円ぐらいになってほしいです。
さすがに厳しいか。
それにしても、サンバイオ・・・めっちゃ上がったやん。
1株1500円の時が懐かしい。

日本発の遺伝子治療薬ですから、承認までいってほしいですね。
古株創薬ベンチャーの意地を見せてくれ。
アンジェスの今後に期待。

とうとうこの日がやってきた(T ^ T)
アクロディアが、あの真っ赤っかアクロディアが、
ついに、
ついに、

単体&連結決算黒字化!!

IMG_6380



長かった・・・。
ほんま長かった。
雨の日も風の日も、保有株数を増やしたり減らしたりしつつ、ずっとホールドしていた。

このサプライズに近い黒字化のおかげで、アクロディアは明日はかなり株価を上げてくるでしょう。
まだまだ本来の買値には程遠いのですが、そんなんはどうでもええんや。
ほんま株やっててよかった。
アクロディアの黒字が見れてよかった。

もともと技術力には定評がある会社なんで、今後も楽しみです。
12月の四季報には、センサー内蔵野球ボールの貢献未知数と記載されていますが、結果的にはこの野球のボールにセンサーを組み込んだ製 品「i・Ball Technical Pitch(テクニカルピッチ)」が、アクロディア黒字化に大いに寄与したみたいです。


しかし、今日のこの決算発表はほんと鳥肌が立ちました。
黒字なんて一体、いつぶりよ?
と、決算短信に書いてました。
平成22年 8月期第1四半期以来の四半期純利益計上やと。

8年ぶりか!!
感慨深いですね。

ってか、8年赤字でも存在できているのがすごい。
ほんま錬金術師アクロディアだわ。

こんなにすごいことなのに、お祝い日なのに、PTSなんで張り付いてないんや。
普通張り付くやろ。
空気読め。
レカム祭りにかまけてる場合じゃないでほんま。

今日はライザップも底打った感があり、サムティやシノケンを筆頭におじさん保有の不動産株が軒並み大幅上昇して、絶好調な1日でした。


あとはアンジェス、あんたの番ですよ!!
遺伝子治療薬、いつ申請すんねん(笑)
申請するする詐欺か!!

アクロディアに久々に大きな動きがありました。
今月26日に発表されたニュースでは、アクロディアは来年1月1日付けで東証2部へ市場変更です。
マザーズ上場から10年が経過した上場企業の選択に基づきます。
そういう意味では、積極的な市場変更でもないので株価的には大きな変化はありませんでした。
むしろ、マザーズから追い出されたに近いのかも。いつまで居るねん!!ってな感じ。

しかし、マザーズ銘柄から2部銘柄になったことで、アクロディアは会社存続へいよいよ待ったなしです。
数年以内の業績回復&黒字転換が、至上命題となります。
2部では、上場維持がマザーズ以上に厳しくなるので今までみたいに赤字継続・拡大であれば上場廃止基準に抵触します。
そういう意味では、マザーズはぬるま湯です。
そもそも、今までアクロディアが倒産もせず上場廃止にもならず、おまけに万年赤字でも企業として生き残ってこれたのはマザーズ銘柄であったからだということもできます。
マザーズは、新興市場というだけあってずっと赤字でも上場維持が可能です。

おじさんもかつて、株式投資を始めた当初は、ずーっと赤字なのになんでこの会社ってやっていけるんだろうと不思議に思ったものです。
そんな色々な株式会社の仕組みやからくりは、そもそも、アクロディアみたいな疑義のついた会社が教えてくれたように思います。

ただ、最近のアクロディアの取り組みには本気がうかがますのでおじさんは引き続き応援します。
かつての新興IT企業の雄、復活に期待です。

ゲームアプリ開発会社という側面が薄れつつあるアクロディア。
インターホンlot関連の製品や、テクニカルピッチという野球の投球時の分析に役立つ、ハイテクピッチングマシーンなどの独自技術も有しています。
グアムのビンゴマシーンに焼肉横丁はひとまず置いておきましょう。

財務や業績は引き続き危険水域ですが、筆頭株主含め、支援者も多いので当面の倒産は無いでしょう。
っていうか、数年間、疑義がついたまま鞍替えってのもなかなか珍しいケースだとは思います。
すなわち、疑義注記企業の老舗ってことですね。
株価も低迷中でパッとした値動きも最近ありませんが、来年は東証2部を舞台に大いに暴れてもらいたいです。
頑張れ、アクロディア!!

ガーラが、今月に入ってお見事、3回目のストップ高。

image


業績は相変わらずの赤字ですが、確実に何か動き出そうとしています。

ガーラの本日の株価516円。

もちろん目指すは3000円オーバー。
今日のストップ高の一因はこれでしょうか↓

image


やはり、なんだかんだでガーラほど株を保有していて楽しい銘柄はありません。
値段を切り上げて、株価がジリジリ上がっていく様子、怒涛のスピードで駆け上がっていく様子、そんなドキドキワクワクさせてくれる株はそうそうありません。

ずっと株価低迷でくすぶっていましたが、戻ってきましたね。
往年の大相場、期待します。
庶民に億り人の夢を見させてくれる数少ない銘柄。

ゲーム開発会社としては決して大企業ではありませんが、開発したアプリゲームを海外の支社と連携し、グローバルに展開できるのはガーラの強みでしょう。

幾多のピンチを切り抜け、何度も上場廃止の危機から生還、企業体力も顧みずアプリゲーム一筋に傾注し、ただひたすら攻め続ける企業。
そう、まさにガーラはヒーローです。

まだ、黒字転換していませんので、傷だらけのヒーローといった感じですかね。
頑張れ、ガーラ!!



紳士用ドレス。カジュアルシャツ大手の山喜。
優待族にはお馴染みの会社ですね。
桐谷さんが保有していることでも有名ですし、株の雑誌の優待ランキングでも必ずと言っていいほど上位に登場します。

おじさんのブログでも過去に、「株初心者におすすめの優待銘柄」として紹介しています。

そんな山喜株式会社ですが、今回の中間決算後に大きな変更が加えられました。
株主優待制度変更です。
会社はオーダーシャツにも使える優待券を新たに付与し、株主優待拡充と表現しておられますが、200〜399株の株主に対しては既存の優待券の額が減りましたので、小単元株主によっては改悪とも取れる変更です。

image


簡単に言うと、今回の改定のターゲットは200株ホルダーでしょうね。
かくいうおじさんも、ドンピシャで200株ホルダーです。

200株ホルダー限定で見てみれば
変更前→2500円の割引券
変更後→1000円の割引券+オーダーシャツ1000円割引券

ぶっちゃけ、おそらく大衆的にもオーダーシャツなんて頻繁に購入しませんので、実質1000円の割引券への改悪ともとれる内容。

ただ、400株以上であれば何の問題もなく、会社のアピール通り優待の拡充ではあります。
つまり、今までの水準で優待特典を受けたければ400株まで買って下さいという改定宣言。

これを小株主がどう捉えるかが、明日の株価に反映されるでしょう。
12月1日の金曜のPTS取引では、早くも株価が若干低下していました。

おじさんも近々売却の意向です。
もちろん、山喜株式会社は一切悪くないです。
むしろ、今までお世話になって大感謝です。
優待に加えて配当もいただける、株主思いの良い会社です。

本来、優待なんておまけみたいなものですし、会社の好意で出していただいているものですので文句はいえません。いつ廃止・変更になろうとも仕方のないことです。
しかも、おじさんみたいな株主が増えると、結局は株主が会社の利益を圧迫することになり株価や利益に悪影響を及ぼすのですから本末転倒です。

ゆえに、今回の改定は企業として至極まっとうなことだと思います。
優待銘柄としてあまりに有名になりすぎた末路ですね。

今回手放す理由として、元々おじさんはスーツやドレスシャツを普段あまり着用しないのです。数年保有していると、後半は優待券の消化にも苦労しました。
今の株価で山喜を400株買うと約10万円相当になりますので、今回、買い増しより売却を決断しました。

売却しても、今の株価水準ならおそらくプラス利益で脱出できそうですのでこれも会社に感謝です。
今までありがとうございました。
この売却益は、きっと仮想通貨のこやしになるでしょう(笑)

優待廃止ではありません。
引き続き、フォーマルで機能的なシャツが安価に手に入る優良銘柄ですので、興味のある方は是非400株以上で保有しましょう☆

さようなら山喜、ありがとう山喜



追伸
後日、注文したカジュアルシャツが到着いたしました。
image

↑このページのトップヘ