おじさん解体新書

さあみなさん、おじさんの解体の時間です。 おじさんというと臭い汚いというイメージが先行しがちですが、若者にはないおじさんの魅力を発信していきます。おじさんにしかできないことだってあるんだ!!そんな素敵なおじさんライフを垣間見て下さい。ねぇ、・・・誰かかまって。 IMG_6372

↑オリジナルキャラクター「隣の栗林君」 LINEクリエイターズマーケットにて絶賛発売中!!

Category: 【3つのテーマ以外】株の話題

マザーズの雄、サンバイオがまた大波乱です。
年初の大暴落がまだ記憶に新しいと思いますが、今回もとんでもない爆弾IRが降ってきました。

以下、サンバイオ株式会社HPからの引用です。
サンバイオグループが慢性期脳梗塞を対象として米国にて行ったフェーズ 1/2a 臨床試験の良好な 結果を受けて、2014 年 9 月に SanBio, Inc.と大日本住友製薬は、本契約を締結しました。これに基づ き 2015 年に開始したフェーズ 2b 臨床試験は、2019 年 1 月に主要評価項目未達という結果となりまし た。その後実施した詳細解析も踏まえ、両社で今後の方針を協議し、本契約を解消することに合意しま した。
大日本住友製薬は、本剤のフェーズ 2b 臨床試験の詳細解析を踏まえ、全社の事業戦略上の優先 順位を検討した結果、共同開発を中止することを決定しました。一方、サンバイオグループは、今後も グローバル展開を目指して本剤の慢性期脳梗塞を対象とした開発を継続します。

それにしても、2019年年初のサンバイオショックに続き、今回の提携解消で再び大きな株価の変化が見込まれます。1年に2度も株主を震え上がらすIR爆弾が投下されるとは、これぞ創薬・バイオベンチャーの神髄!!という感じがします。
株価10000円超えを果たした株価としての実力も含めて、来年以降もサンバイオには要注目です。

おじさんの投資のきっかけは、ある企業の株主優待券が欲しかったのが始まりでした。
この様に、広い意味での投資はそこら中にあり、それを楽しむ扉は人によって様々ですし、楽しむ方法も無限にあります。

「まずは敵を知れ!!全然恐くない」

例1:あなたがおこづかいでA社の株を1万円分買ったとします。
しかし、A社は翌日倒産しました。あなたが購入した株の価値は0円になりました。
この場合、あなたは1万円を失い損をしてしまいますが、決して借金はしていません。
あなた自身がリスクをコントロールできるので(投資額を千円にする等)これは恐くない投資です。

例2:あなたが消費者金融で借りてきたお金でB社の株を1万円分買ったとします。
しかし、B社は翌日倒産しました。あなたが購入した株の価値は0円になりました。
この場合、あなたは1万円を失い損をしていますし、さらには消費者金融に借りた1万円を返却しなければなりません。
これがいわゆる借金です。

投資を全くしたことが無い人は、このリスクをごちゃ混ぜにするのです。
現物取引であれば、借金0での投資ライフが可能です。

最後の、おっぱい大好きは男のロマンですね。
投資で小銭が増えたら素敵なおっぱいの持ち主もきっときっと遊んでくれるに違いない!!
そんな精神です。
めっちゃ不順ですね。でも、いいんです。
世の中って、そうゆうのが大きな原動力になっていたりするもんです。

1.財テクを楽しめ。利益なんて2の次!!
2.株式売買の現物取引なら、たとえ失敗しても借金は0です。なのでローリスク。
3.おっぱい大好き

資産を増やす方法は色々あります。
しかし、多くの方法は楽しくなかったり、リスクが大きかったりします。
これがいわゆる、素人が資産運用に踏み込めない要因です。

例えば、身近な手段として「節約」も広い意味では資産運用の一種です。
節約して得た資金を、貯金や他の費用に回せるのですから。
しかし、節約って楽しいですか?
節約弁当などを作って自分で楽しめている分にはいいんですが、電気・ガス・水道を極限まで使わないみたいな爪に火を灯すレベルにまで引き上げると、しんどいと思うんですよね。

このブログでは、「楽しく財テク」をモットーにしています。
・安全に
・気楽に
・簡単に
を心がけていますので、どうか、ふら〜っとカフェ感覚で閲覧しにきて下さい(^o^)


「0を1にする」
実はこれが一番難しいんですよね。
最初にして最大の難関かもしれないです。

例えば、「1年で、仕事以外で100万円を稼ぐ方法」を考えてみましょう。
おじさんなら・・・途方に暮れます。路上で物乞いでもしますか。
しかし、すでに資産10億円を保有するお金持ちならどうでしょうか?
何もしなくても、その資産をポイッと銀行に預けているだけで、翌年には利子(利率0.1%)で100万円が手に入ります。

このようにスタートラインが違うだけで、「同じ100万円という価値」を稼ぐ労力がこれほど違います。

1→2にするのは見通しがつきやすい。1でやったことの2倍努力すれば2にできます。
しかし、0→1にするのは大変。産みの苦しみですね。
ただ、資産のない一般人であれば、まずはこの0→1にする能力を磨いて下さい。


「投資は楽しい」
投資というとお金が絡むイメージが強くなりますが、あなたの周りは投資で溢れています。

例えば、
「学校に行くこと」は身近な人間関係を築き、知識と教養を得るための投資と言えます。
「家庭菜園」は、将来収穫できるであろう野菜への投資です。
「筋トレ」は、健康維持や身体能力向上への投資です。

前回の「新規上場(IPO)のBASE(4477)に補欠当選」した後の続報です。
SBI証券にて補欠当選はしたのですが、結局繰り上げ当選ならずでした。しかし、おじさんの応募熱とは裏腹に、IPOにしては結構人気が無いみたいですねBASE。

理由は様々。
掲示板やIPO予想ブログでは、赤字上場で無理矢理マザーズにねじ込んだだの、売り出し株数が多いイグジット案件(いわゆる上場ゴール)だの言われております。

圧倒的に、公募割れの予想が多いです。そんなもんは100も承知。
それでもおじさんはBASEの株が欲しかったんだぃ。
まぁ、公募割れの公算みたいなんで、欲しいなら市場で買えばいいだけなんですけれど。

ただ、個人的には公募は割れないのではないかと思っております。
なんでや???と友人にも突っ込まれましたが、理由はないです。
おじさんはそう思うだけです。別に鬼才ぶってません。

何のエビデンスもありませんが、勝手な予想では、寄り付きで公募価格を下回って、後場や終値で上回るのでは・・・と思っております。

アクロディアやガーラが好きだから、きっと赤字の会社を贔屓したくなるんでしょうねぇ。
・・・だめじゃん orz
そういえば、話はそれますがガーラの出来高が徐々に増加しております。株価は微上げ程度ですが、近々何か大きく動きそうな気配ですね☆

いずれにせよ、上場まであと1日(R1.10月25日上場)ですので、おのずと答えは出ます。
ノンホルダーですが、がんばれBASE!!

本日抽選結果が発表され、上記の通りBASE株式会社のIPOに補欠当選しました。
補欠当選と書けば聞こえは良いのですが、実際は事実上の落選に近い状態が多いです。

BASE株式会社は、個人でも簡単にネットショップが開設できるサービスを展開しているIT企業です。
会社HPにも記載されていますが、ネットショップ開設実績2年連続No.1みたいです。
BASEの取り組みや会社のことも、上場前からずっと認知していたので、どうしてもIPOに当選したかったのです。

あ〜、残念だぁ。

アクロディア、疑義注記解消明けの2日目にしてストップ高です。

注目すべきは、「疑義注記解消の発表後の翌日ではない」という点です。

翌日に株価急騰はよくあるパターンですが、翌日ではなく2日目というのがニクイですね。株価がよく乱高下するじゃじゃ馬アクロディアらしいです。
疑義注記を解消した翌日は株価はほぼ無風でした。つまり、投資家はアクロディアの将来性を丸一日吟味できたわけです。おじさんもまさに、その翌日に株を買い増ししました。

そして本日めでたくストップ高!!・・・でしたが、決して一筋縄で駆け上がったわけではありません。
アクロディアはしばしば、株価が急上昇するも取引終了前に急降下して結局ほぼ元の株価に戻るという、いわゆる「行って来い」状態になる時が結構あります。アクロディアを触る個人投資家も、よくそれを知っています。

ですので、ストップ高になるかも・・・と思って買ったらストンと株価が急落し高値掴みしたり、急落するだろうと下で待っていたら、なかなか落ちてこなかったりと、売り買いのタイミングが非常に難しいのです。まぁいわゆる仕手株の動きですね。
実際、おじさんも本日は持ち株の半分を温存しましたが、残りの半分は後場の後半に、282円で利益確定しました。ストップ高の292円までは駆け上がらないだろうとその時は思ったのです。

しかし、今日は予想に反して買い方が強かったです。見事に頂上まで駆け上がっての、最後はストップ高張り付き!!

こうなると、明日の相場も俄然注目ですね。
PTS夜間取引では330円前後で取引されていますので、18日のアクロディアの動き、注目です!!

とうとうこの日がやってきましたか。
アクロディア、疑義注記解消です。

本日、2019年10月15日はアクロディアの2019年8月期本決算の発表がありました。
純利益は赤字の-278000000円と奮いませんでしたが、2期連続営業キャッシュフロー黒字化の達成により、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断され、継続前提の疑義の記載解消に至りました。

疑義がついてから約10年。長いトンネルからようやく脱出。
しかし、疑義注記のまま約10年も会社を存続・維持できたのも、逆にすごいですね。
10年間、首の皮一枚でずっ〜と綱渡りしていたようなもんでしょう。

2019年10月現在の疑義注記銘柄では、一番古い会社は2010年に付記されたクレアHDですが、同年にアクロディアも疑義記載がありますので、まさにアクロは疑義の最古参組でした。
数年前にリリースされたスマホゲームのバトルブレイブがこけてから、株価は200円前後に低迷しておりますが、いよいよ本日の疑義解消が復活の狼煙となるでしょうか。

明日から、生まれ変わったアクロディアに注目です。

スマホのキャッシュレス決済アプリが溢れてまだ間もありませんが、何かすごい時代に突入していませんか?

もう自分を含めて、御高齢者にはとてもついていけない領域だと思います。
若者も理解しているのでしょうか?
〇〇ペイ・・・多すぎやしませんか。まぁ、銀行口座みたいなもの、証券口座みたいなもの、ポテトチップスの味みたいなものと思えば複数あってもいいのかもしれませんが、電子決済系がもう多様過ぎてついていけません。

スマホ含め、電子決済やデータ管理など情報に対する重みが年々増してきていると思いませんか。
と・・・まぁ、もうそこらへんは深く論じるのはやめましょう。

何が言いたいかというと、株価や企業決算など見ているとですね、ペイを取り入れている会社の赤字がとんでもないんですね。
LINE(株)もメルカリ(株)も、スマートフォン決済サービスのユーザー獲得に向けて展開したキャンペーンなどの先行投資費用が影響して巨額赤字状態です。

・LINE(株)は2019.1-6月期、266億円の赤字
・メルカリ(株)は2019.1-6月期、137億円の赤字

まぁ、これが個人なら自己破産しても足りないレベルですが、大企業(例:メルカリの時価総額は25日終値ベースで4304億円)だから成せる大盤振る舞いですね。
逆の見方をすれば、これだけのリスクを取ってでもやる価値があるのでしょう。巨額の赤字見込みでも両会社ともに株価は崩れておりませんので、スマホ決済への投資家の期待の高さがうかがえます。

昨日の急騰の反動か、本日はマイナス引けのアビックス。

H.I.Sが取引相手先というのは今後に期待は持てますが、結局それがいつ利益に反映されるかが重要なのでしょう。
言うてもアビックス、数年前までは継続前提に重要事象が記載されていた会社ですので、確実に利益が出せていないと世間から信用は得られません。

明日は上がる?
明日は下がる?

神のみぞ知る、ですね。

AVEX(エイベックス)じゃないですよ。
AVIX(アビックス)です。

アビックスっていう会社があるんです。

一言でいうと・・・

広告・宣伝用に移動テレビを貸したり売ったりしている会社です。説明適当(笑)。
LEDビジョン・デジタルサイネージっていうのがあるんですっ!!

おじさんはホルダーです。もうはるか昔に保有してから、株価は全然上がらず塩漬け状態。
微損で保有していることも忘れていたんですが、本日上記の理由で急騰しました。
損失がわずか1日で含み益に変化しましたが、この動きが初動か寄り天か判断がつかなかったので、売らずに静観しています。

時価総額が25億ちょいの会社なので、おおきな案件の受注や利益を得ると株価に反映されやすいのです。
ヤフー掲示板でも注目度ナンバー1になっていますので明日も楽しみ。

↑このページのトップヘ