おじさん解体新書

さあみなさん、おじさんの解体の時間です。 おじさんというと臭い汚いというイメージが先行しがちですが、若者にはないおじさんの魅力を発信していきます。おじさんにしかできないことだってあるんだ!!そんな素敵なおじさんライフを垣間見て下さい。ねぇ、・・・誰かかまって。 IMG_6372

↑オリジナルキャラクター「隣の栗林君」 LINEクリエイターズマーケットにて絶賛発売中!!

Tag:倒産

Screenshot_2020-06-16-00-07-42-88


本日取引最終日。
値動きに関しては、おじさんの予想通りと言えるのではないでしょうか。おおよそ前回(5/20)記載した通りでした。

・大きな祭り相場(マネーゲーム)にはならない
・最後は1桁台で終わる

といった具合。
そりゃそうですよね。何が楽しくてこんなローリターンハイリスクな株いぢる必要があるかを考えれば。
ハイリスクハイリターンでよければ、今なら他にもっと楽しい値動きする株がたくさんあります。
テラやアンジェス、DLEなどバッコンバッコン株価が変動しますので、レナウン触る時間が無駄。

というわけで、とりあえずレナウンは4円でフィナーレでした。
まぁ、無価値の株に4円という値段が付くのもおかしな話ですが。レナウンに関しては、万が一にも可能性なさそうですが、再上場したとしても今の株式が価値を持つことはありません。
取引最終日に、めんどくさくなって売り方が売りを諦めるというのはあるにしても、無価値の株を今から4円で買いに向かう人って、一体何を考えているんでしょうね。昔と違って、株券すら発行されない電子クズに値段がつくなんて。株の世界は奥が深いです。

株券は、もう何年も前に電子化されていますので、実態としての株券は存在しませんが、形式上の表現としては今でもよく使います。

時として「価値の無い紙切れ」に値段がつく不思議な世界、それが株式市場。

H27年1月末、東証一部上場企業のスカイマークが民事再生法を申請しました。

これって、平たく言うと
「もう僕ちゃん、自分の手持ちのお金と力では会社を維持できないので誰か助けて下さ〜い」ってことです。

自力でどうにもならない時に申請する、倒産の一種です。

そして民事再生法が受理されれば、数日〜数か月後には株式市場からは撤退することになります。

上場廃止とも言いますが、それが決まると倒産した会社は「最終的には」その株券・株価はほぼ無価値になります。

あえて「最終的には」といったのですが、逆の表現をすると最終日が来るまでは実は無価値ではありません。

これが俗に言う「祭り」ですね。

↑このページのトップヘ