おじさん解体新書

さあみなさん、おじさんの解体の時間です。 おじさんというと臭い汚いというイメージが先行しがちですが、若者にはないおじさんの魅力を発信していきます。おじさんにしかできないことだってあるんだ!!そんな素敵なおじさんライフを垣間見て下さい。ねぇ、・・・誰かかまって。 IMG_6372

↑オリジナルキャラクター「隣の栗林君」 LINEクリエイターズマーケットにて絶賛発売中!!

Tag:民事再生法

とうとう逝ってしまわれたか、レナウン。
経営破綻、民事再生法の申請ですって。

これが、今年に入って初の上場企業の破綻です。新型コロナウイルスの影響で中小企業の破綻が急増していますが、ついに上場企業・大手企業にまで触手が伸びてきました。

レナウンはアパレルの老舗で、ダーバンやアーノルドパーマーなどのブランドで有名です。1980年代〜1990年代にかけては一世を風靡したといえる人気と売れ行きでしたが、バブル崩壊後は長い低迷期に突入しました。
近年はさらに売り上げも落ち込み、財務も脆弱で慢性的な赤字体質でしたので、もともと危機的状況ではありましたが、コロナ自粛でトドメを刺された感じですね。よく色々な株を見たりいじったりしているおじさん的には、特にサプライズニュースだとは思いませんでした。

ここは、株主優待特典として定期的に開催される「花と実の会」という株主限定セールが開かれますので、おそらくこのセール目当ての100株ホルダーが多いと思います。
おじさんも一時期はレナウンホルダーで、なおかつこの「花と実の会」にも行ったことがあります。

レナウンは、ダーバンに代表されるフォーマルなブランドイメージですが、会場にはカジュアルな服も結構あってそれぞれ品質も良いのですが、一世代前なのかな?と感じる古いデザイン性と大量在庫処分感が強くて、結局インナーのパンツを1つ購入しただけで帰宅しました。中年層が結構、商品で買い物カゴをいっぱいにしてホクホク顔で帰っていく姿が印象的でした。

元々の株価も安いので買いやすく、おそらくある程度の人数の個人投資家が来週からのストップ安に巻き込まれるでしょう。しかし、この会社のこの業績で長期で万株握っている鉄人はそうそういないと思いますので、被害人数は多いけれど、個人の被害額はたいしたことないと予想します。ほとんどが、せいぜい100〜1000株ホルダーでしょ。

来月中旬には上場廃止見込みですので、来週からマネーゲームの対象になる可能性があります。
しかし、元々1株78円と超低な割に時価総額が高いので、あまり大きな祭りにならない可能性もあります。

新興航空会社のスカイマークが先月、民事再生法を申請しました。

実感としては、ついに力尽きたか・・・って感じでした。

エアバスでこけたのも原因ではありますが、ここ最近、急激に本業も低迷してましたからね。

って、こんな分析は今更不要。

興味ある人は、このご時世、スマホでポチポチ調べたらたくさん情報出てくるのでそちらへどーぞ。


おじさんが言いたいのは3つ。


1つ:民事再生法の申請をした翌日から株価は急降下

2つ:民事再生法の申請2日前まで、おじさん、スカイマークの株主でした

3つ:今、お祭りまっただ中です


つまり、株価が急降下する前に偶然売っていたわけです。

そして、再び買い付けて現在、お祭りに参加中です。

購入単価は伏せますが、数日前も19円で仕込んで30円で売り抜け成功☆

もうこうなれば、ただのギャンブルですね。

来月3月1日には上場廃止。

スカイマーク祭り。

期限は迫っています。

↑このページのトップヘ