「0から1をうみ出すゆるゆる投資術」

0円おじさんです。 株式投資に失敗した悲壮感漂う中年です。その絶望体験をエネルギーに変え、できる限りの小資本で(0円〜)人生を再構築していきます。 <記事の主な内容> ・アルバイト ・メルカリ ・ジモティー活用 ・投資(反面教師として)うんちく 過去に株式のうんちくや投資法をコツコツ記事にしていましたが、その投資手法を「当の本人が全く守らず失敗」し、とうとうほぼ無一文になってしまいました。ですので、株式投資は休業状態です。 おじさんというと、臭い汚いというイメージが先行しがちですが、若者にはないおじさんの魅力を発信していきます。おじさんにしかできないことだってあるんだ!!そんな悲壮感漂うおじさんの0円ライフを垣間見て下さい。ねぇ、・・・誰かかまって。 IMG_6372

↑オリジナルキャラクター「隣の栗林君」 LINEクリエイターズマーケットにて絶賛発売中!!

おじさんらぢお、こんな感じ↓ by 「おじらぢ財テクカフェ」

は〜い、含み損です。

IMG_9118

IMG_9119

ここ数日の下げがきついですね。金曜日なんてマザーズ全滅に近いじゃないですか。

「これ以上下がりようがないだろ!!」というくらい低位な株達を勢揃いさせても、なお下がる。これが株式投資の非情な所です。

国も「貯金から投資へ」をスローガンに掲げるなら、もう少し個人投資家に優しい市場を築いて欲しいもんです。資産が減るなら投資より貯金しているほうがマシやんけって思いません???

決算またぎは毎回悲惨ですね。赤字拡大で株価下落は理解できますが、「最高益」で材料出尽くし下げには毎回辟易します。

まぁ愚痴っぽくなりましたが、そんなこんなで下記の超低位株、知らぬ間に少し銘柄が入れ替わってますね。
ほほっー。モブキャスが仲間入りですか。
では明日、モブキャスを指値95円で買えたら買います。

<超低位株31>
不二サッシ
中外鉱
レカム(未保有)
小僧寿し
アゴーラHG
INEST
音通
エルアイイーエイチ
ポラリス(旧名:価値開発)
テイツー
昭和HD
エス・サイエンス
堀田丸正
FHTHD
エコナックHD
キムラタン
ファンドクリエーション
RED
燦キャピタル
ピクセラ
文教堂HD
アジアゲートHD
モブキャスト(未保有)
イントランス
ピクセルカンパニー
RISE
ヤマノHD
新都HD
エイシアンスター
日本精密
RVH

IMG_9117

大きな反発も無く、ズルズルと下降線です。
出来高がまぁまぁあるのは数円抜き勢の影響でしょう。出来高こそそこそこあるものの、ここからストップ高を連発したり、50円を超えて来たりというのは期待できそうにはありません。
もはや注目されている様子も無いので、このままさらに1桁へと向かい上場廃止を迎えそうです。

<超低位株28>
中外鉱
レカム(未保有)
小僧寿し
アゴーラHG
音通
ポラリス(旧名:価値開発)
エルアイイーエイチ
テイツー
昭和HD
エス・サイエンス
堀田丸正
エコナックHD
ファンドクリエーション(未保有)
ピクセラ
ウェッジHD(未保有)
RED
キムラタン
FHTHD
燦キャピタル
文教堂HD
アジアゲートHD
イントランス
RISE
ヤマノHD
新都HD
エイシアンスター
日本精密
RVH

IMG_9115

上画像の通り、財務状況が水面下です。自己資本マイナスですもんね。危機的です。いわゆる、債務超過ってやつです。
今期だけではなく、来期予想も赤字見込みなので、不動産業の再建も急務ですが、何かそれ以外の手段などなければ当面の株価低迷は避けられそうにないですね。

えっ!?それ以外の手段って何かって?

そらぁ、アレやがな。
超低位株らしく、「コロナの特効薬を開発する会社」に投資するか、「暗号通貨いじるかも〜」って臭わすんやがな!!
常套手段。
臭わすだけでええんや、実際にはやらんでもっ!!


はよせぃっ!!


それか、前回のブログに書いたように、いっそ振り切って「ラブホテル」経営の「ポルチオ開発株式会社」になったらええねんっ。国内初の、ビットコイン決済可能なラブホテルや。注目はとりあえずされるやろ。

絶対ストップ高や。
潮吹きチャートや。

IMG_9116

そしてこの株主優待。アコギでっせ・・・
いつThe Endになるか分からん会社の株を、数千株以上長期で保有させる株主優待ってどうよ(;^_^A
リスク高杉。

せめて、元本保証して下さい!!!!(笑)

<超低位株28>
中外鉱
レカム(未保有)
小僧寿し
アゴーラHG
音通
ポラリス(旧名:価値開発)
エルアイイーエイチ
テイツー
昭和HD
エス・サイエンス
堀田丸正
エコナックHD
ファンドクリエーション(未保有)
ピクセラ
ウェッジHD(未保有)
RED
キムラタン
FHTHD
燦キャピタル
文教堂HD
アジアゲートHD
イントランス
RISE
ヤマノHD
新都HD
エイシアンスター
日本精密
RVH

IMG_9112

なんだポラリスって!!!?
きぃたことねぇ会社じゃんって思って調べたら・・・

IMG_9114



ただの「価値開発」かよっ!!!

びっくりしたわ!!



「価値開発株式会社」は、新興の会社ではなくて、むしろ1912年設立、1961年上場の不動産の老舗です。ビジネスホテルなども手掛けています。
決してコロナ禍が原因ではなく、元々業績は長期低迷中でした。しかし、コロナ禍の直撃により、業績はさらに低迷、とうとう債務超過に突入したようです。上場廃止がすでに決定している五洋インテックスとは異なり、価値開発にはスターアジアをはじめ、再建を支援する会社が存在するようなのですぐに上場廃止に至ることはなさそうですが、予断は許さない状況です。

価値開発の株価の癖は存じており、仕手性の動きをよくする曲者株です。
突然急騰したかと思うと、あっという間に急落します。

ポラリスって何かも分からんままに、とりあえず7月9日に95円で指値していたら、なんと約定していました。価値開発は、材料もなくストップ高をつける時も多々あります。おもしろい、とも言えるかもしれませんがいつ梯子を外されるか分かりませんので、今後急騰したら波に乗って売り抜けたいですね☆

しかし、やはり超低位株ほど「会社の名前変えたがる」傾向は強いようです(笑)
個人で言うところの、ゲン担ぎみたいなもんですね。

ポラリスって「北極星」って意味なのか。恒久的に輝き続ける〜、にちなんでるんですって。
それなら、債務超過を解消してから言って欲しいセリフですけれど。
物は言いようですよね。価値開発って名前も当時は何か馳せるものがあって付けた名前でしょうに。まぁ、今回はこの価値開発って名前もちゃんと調べていないから、いつからこの名前なのかは存じませんが。

ポラリス開発にしたらどーやろか。
「ポルチオ開発」みたいでインパクト超絶ですけれど。
いや、知らんかみんな。

「ポルチオ開発株式会社」に商号変更し、ビジネスホテルを辞めて「ラブホテル」の経営に着手したら業績回復するかも!?
コロナ禍だし、巣籠でラブホテル。
株主優待は、きっとヤバイもの届くぞ(笑)

<超低位株28>
中外鉱
レカム(未保有)
小僧寿し
アゴーラHG
音通
ポラリス(旧名:価値開発)
エルアイイーエイチ
テイツー
昭和HD
エス・サイエンス
堀田丸正
エコナックHD
ファンドクリエーション(未保有)
ピクセラ
ウェッジHD(未保有)
RED
キムラタン
FHTHD
燦キャピタル
文教堂HD
アジアゲートHD
イントランス
RISE
ヤマノHD
新都HD
エイシアンスター
日本精密
RVH

2021.7/10現在の超低位株を更新します。
ここで言う「超低位株」とは、時価総額100億未満かつ、株価100円以下を満たす株です。
なお、株式併合により10月以降株価が100円以上になる見込みの「ブロードメディア」と、直近で上場廃止が決定している「オンキヨー」「五洋インテックス」の3社は除外しております。
ここ2日間、日経平均株価が急落しているので、超低位株のラインナップにも
変化がありそうです。

<超低位株28>
中外鉱
レカム(未保有)
小僧寿し
アゴーラHG
音通
ポラリス・・・ポラリス!!??
エルアイイーエイチ
テイツー
昭和HD
エス・サイエンス
堀田丸正
エコナックHD
ファンドクリエーション(未保有)
ピクセラ
ウェッジHD(未保有)
RED
キムラタン
FHTHD
燦キャピタル
文教堂HD
アジアゲートHD
イントランス
RISE
ヤマノHD
新都HD
エイシアンスター
日本精密
RVH

<総評>
少数ながら銘柄の入れ替えがありましたね。
INESTと大黒屋は出所していきました。
そして、レカムがここまで落ちてきましたか。
ウェッジとファンクリは、買い指値しているのですが、95円までは落ちて来ないのでいつも買えません(笑)

んっ?・・・ポ・・ポラリス?
ポラリス?
ポラリス???
魔法?

次回:なんだポラリスって?

IMG_9111

125円。
先月の貸株金利131円よりやや減っています。保有銘柄が減ったからでしょう。
今現在、現物買付余力が55253円あります。
なかなか新規の株がやってこないんですよね、最近。その影響で資金がダブついています。

しかし、超低位株投資の場合、貸株金利も貴重な収入源ですのでコツコツ積み上げていきたいです。
ってか、そろそろ元本は超えたいです。株ブログなのに、元本が割れているとか・・・何の啓蒙にもならんじゃん。

IMG_9110


光通信の持分会社INESTが急騰しました。いやぁ、ホルダーですが全くのノーマークでした。急騰した2日後くらいに知りましたよ。株価100超えてるやんって。大黒屋と五洋インテックスにかまけていたら、急に来たわなって感じ。

フードデリバリーサービス事業をするのですね。
今後「ウーバーイーツ」「出前館」「INESTデリバリー(仮称)」みたいになるのでしょうか?

そう言えば、出前館の株価のピークからの下がりようも半端ないですね。興味ある人は自分で調べて下さい。

IMG_9108

今の所、反発やお祭りの兆しは見えません。
2日連続ストップ安の後、3日目に30円付近で寄り付いて、その後ズルズルと後退。4日目で、22円まで下がってきました。
出来高はあるんで、ワンチャンの可能性が消滅したわけではありませんが、現状特に大きな動きはないです。カーテン屋に祭りを期待するのは酷ですかね。

IMG_9109

大黒屋は80円付近まで下げてからの反発。1日前にはピーク値で130円を超えたのに、下落って一瞬ですね。

IMG_9107

おじさん「きれいなホームページしてるだろ。ウソみたいだろ。この会社、死んでるんだぜ。それで。商品にはたいしたキズもないのに、ただちょっと会社の隠ぺい体質及び内部管理体制の改善がなかっただけで、もう動かないんだぜ。な。ウソみたいだろ。」

と、あだち充先生もビックリ。タッチの名言をパクりたくなるような美しい五洋インテックスのHP。



本日、そんな上場廃止が決定した五洋インテックスと株価急騰中の大黒屋を売却しました。
その約定価格がこちら!!

IMG_9105

上場廃止銘柄を抱えての売り買いですが、株価急騰の波に乗った大黒屋を保有していたおかげで、意外にもトータルはプラスで終えました。大黒様様ですね。

しかし、上場廃止って恐いですねぇ。
まぁ、こう書くと、この「超低位株投資法」に尻込みする方もいるかもしれませんが、その必要はないですよ。

・1銘柄につき100株投資なので損失は最小限、恐くない

・上場廃止が決定しても一気に1桁の株価になることは稀なので、100株投資だと損失はおおよそマイナス数千円に留まるはず(今回は-6500円)

むしろ、このスリルとドキドキとワクワク、上場廃止という一種のお祭り状態の当事者になれることを考えれば、決して損だけではないでしょ。

大黒屋はおじさんが利確した後に、案の定ピークが過ぎ、株価下落に転じました。終値は92円だったと思うので、時価総額が100億以下になれば、また超低位株返り咲き銘柄として?登場するでしょう(笑)

そして、整理銘柄入りの五洋インテックスは明日いよいよ値がつくので、どういう値動きをするのか要注目ですね!!

IMG_9104

「五洋インテックスの野郎、飛びやがった」
「マジでふざけんなよテメー!!」
の心境です(笑)

株主に、御社商品の抗ウイルスカーテンを配りなさい!!在庫あるんでしょ!!

いやいやいや、疑義もついているし不良銘柄なのは重々承知ですが、自分が買ってわずか数日で速攻上場廃止のスピードに脱帽です。このスピード感、なかなかないですよ。
まぁ、ある意味この超低位株投資の醍醐味を味わったことにはなりますが。

いやぁ、しかしまさかまさかですねぇ・・・。テラやアジア開発キャピタルなどのしぶとさを見習ってほしい。
売り注文を出すのも忘れていたくらいです。まぁ今日はザラ場は売買成立していなかったんでおそらく結果一緒ですけど。夜は夜で、時間外取引で売ろうかと思ったら、居眠りしてしまって売り損ねました。


上場廃止株の末路は、寄りついてからは2パターンの動きをします。
・派手な動きも無く株価は1桁台に終息していくタイプ(過去の例:レナウン、LCAHD)
・派手な動きで株価乱高下タイプ(過去の例:タカタ、スカイマーク)


五洋インテックスはどちらでしょうか? 正直読めません。
理由は2つあります。
・派手な動きもなく終息要素:業績はすでに以前から悪く、株価も元々低い。こうゆう場合は祭りになりにくい。
・派手に動く可能性:とにかく上場廃止決定が早すぎたので、捕まっている大口投資家がいる可能性がある。
・派手に動く可能性:前述の通り、近年は株価は低迷していたが数年前を振り返ると2019年には1000円を超えていた時もあり、古参ホルダーが仕掛けてくるかも。ナンピン買いからの株価つり上げ売却の可能性。

こうやって考察すると・・・もしかするとワンチャンあるかもですね(笑)





上場廃止理由は、以下同社HPより引用です。

株式会社東京証券取引所(以下「東証」という)の上場廃止の決定及び整理銘柄 の指定理由は次の通りとなります。

五洋インテックス株式会社(以下「同社」という)が 2019年12月5日に 2020 年3月期第2四半期報告書の訂正報告書(以下「訂正四半期報告書」という)を提出 するまでの間、真正な四半期レビュー報告書を添付した四半期報告書が提出されて いない状況において、訂正四半期報告書の提出を要する旨の適時開示を何ら行って いなかった件について、同社の内部管理体制等について改善の必要性が高いと認め、 2020年3月12日に同社株式を特設注意市場銘柄に指定しました。


(内部管理体制の改善状況)
今般、当該指定から1年が経過した2021年3月12日に同社から提出された内部 管理体制確認書(以下「確認書」という)の内容等を確認したところ、以下の状況 等が明らかとなりました。

・同社が2021年2月19日に開示した改善計画に記載の改善策の実施状況に関して、再発防止プロジェクトの実態や、会計監査人との連携状況などにおいて、虚偽の記載 が複数箇所でなされていること

・同社は、人材不足が生じる中で、改善計画の開示までに、特設注意市場銘柄への指定後 11か月を要し、また、改善計画の開示後においてもなお、この状況が改善せず、更な るスケジュールの遅延等が認められるなど、改善策が適切に実行されていないこと

・確認書において、虚偽の記載や記載すべき事項の未記載が複数箇所で確認されるととも に、審査過程での日本取引所自主規制法人からの照会に対する回答が長期間行われない 状況が複数回発生するなど、同社の対応に不適切かつ不誠実な状況がみられたこと

・同社において、2020年6月末の定時株主総会での役員の全面刷新後においてもなお、新たに役員に就任した前代表取締役及び管理担当取締役が主導する形で、複数の取引が、取締役会での決議等、必要な社内手続きを適切に経ることなく、実施されていたこと

・取締役会の議論を経て同社が解約したものと同様の契約が、前代表取締役の指示により、子会社で新たに契約されるという取締役会の意思決定を実質的に無効化する行為が行わ れ、かつ、管理担当取締役だけでなく、管理部門や内部監査部門の複数の管理職もこう した状況を看過していたこと

・同社が2021年2月に実施した重要規程の改訂には、取締役会のチェック機能を弱体 化する内容(一定額以上の取引について取締役会の承認決議を必須とする条文を削除) が含まれていたにもかかわらず、当該改訂の影響について役職員が適切に認識していな いなど、管理部門には、内部管理体制を適切に構築するために必要十分な能力を有する 人材が欠如していること

・常勤監査役は、他社での顧問としての活動に多くの時間を割いているため、同社の常勤 監査役として十分といえるまでの勤務実態が認められず、また、稟議決裁の状況を十分 に確認していないなど実質面でも適切な活動を行っていたとは評価できないこと

・社外役員についても、改善計画の詳細な内容を適切に把握しておらず、その結果、改善 計画上の自らの役割を十分に果たすに至らないなど、その活動が十分とまでは評価でき ないこと

・同社が、2021年4月に臨時株主総会を開催して役員選任を実施するにあたり、改善 計画で定めた、取締役会での候補者決定前に実施すべき選定プロセスを遵守しなかった こと 上記のとおり、当該指定から1年を経過した時点においても、同社においては、内部 管理体制等の改善の前提となる役員体制、組織体制や規程等が未だ実質的に整備されて いない状況が継続しており、確認書提出後においても、同社が示した予定のとおりには 改善が進んでいませんでした。また、開示された改善計画の記載が一部虚偽であること、 取締役会の意思決定を実質的に無効化する行為が行われていたこと、改善策で定めた選 任プロセスを遵守しない役員候補者の選任が改善計画の開示後においてなお行われたこ とが明らかとなるなど、同社役職員には、規程遵守を含めたコンプライアンス意識の改 善は進んでおらず、同社の内部管理体制等について改善はなされなかったと認められま した。


(改善の見込み)
特設注意市場銘柄への指定後、既に1年3か月以上が経過していること及び以下の 状況等を鑑み、改善の見込みについて検討した結果、同社の内部管理体制等について、改善の見込みがなくなったと認められました。

・同社は、2021年4月30日に代表取締役の異動を開示しているものの、同年6月7日に、2021年3月期定時株主総会の開催延期を開示しており、内部管理体制の改善 のために必要と考えられる社外役員も含めた同社の役員構成全体の抜本的な刷新すら速 やかに実行される状況には至っていないこと

・同社の管理部門・内部監査部門における人材不足、コンプライアンス意識の欠如を抜本 的かつ速やかに改善するための、必要かつ十分な人員増強及び刷新等を伴う具体的かつ 実効的な対応が、十分かつ速やかになされるとは認められないこと

・同社においては、内部管理体制等に関する問題の所在が十分に理解されておらず、その 結果、改善を要する個別・具体的項目について、審査過程で指摘を受けてはじめて改善 の必要性を認識するという状況が継続しており、これまでの改善計画の策定・実行遅延、 不履行等を十分に補うと評価できる内部管理体制等の改善のために必要十分な改善計画 があるとは認められないこと。加えて、特設注意市場銘柄指定を継続したとしても、そ の改善期限である指定から1年6か月内に、内部管理体制等を適切に改善するための対 応について、十分な運用実績が確保されるとも認められないこと

(結論) 以上のとおり、同社は、内部管理体制等の改善がなされず、かつ、改善の見込みがなく なったと認められることから、同社株式の上場廃止を決定し、整理銘柄に指定することに しました。 

FullSizeRender

五洋インテックスの被害は食らってしまいましたが、一方で、株価上昇中の大黒屋もまだ売ってないんですよね。忘れてました。
大黒屋・・・まるで、五洋インテックスの含み損を打ち消すかのように株価が上がってくれています。しかし、そろそろ天井圏だと思います。

↑このページのトップヘ